2021年9月15日 (水)

3階寝室のエアコンがお亡くなりに

2009年の冬に設置したSHARP AY-U22SX、とうとう2021年夏の終わりに、お亡くなりに。

Screenshot-20210915-at-003016-com-ayu22s

風は出るが、冷えない。

お掃除機能付きなので、お掃除機能が先に壊れるかと思ったが、24時間運転で、オンオフ回数が少なかったせいか、先にエアコン機能の方に限界が来た。

5年前の太陽光パネルの設置の際に、屋根に置いていた室外機を動かしたのも、遠因としてあるかもしれない。

もしかすると、修理可能かもしれないが、10年以上経過したエアコンだ。
部品保持期間はとうに過ぎている。これを修理しても他の箇所がすぐに壊れるかもしれない。
既に可動パネルが動くときにバキッと音がしている。

と言う事で、買い替えだ。

かねてから考えていたSHARPの変態エアコンAirest だ。

Screenshot-20210915-at-003341-airest

空気清浄機を内蔵し、吸気を徹底クリーン。
そして、ファンの吸い込み側にあった熱交換器を、吹き出し側に設置し、エアコン内部の湿度上昇を防ぎ、カビの発生を抑える設計だ。

熱交換器から先は相変わらずカビるかもしれないが、その範囲は前面に集中し、熱交換器の掃除も楽ではないかと踏んだ。
そもそも、元々のエアコンは、お掃除機能付きなので、熱交換器の掃除が非常にしにくい構造になっていたので、どう転んでも楽になるはずだ。

元のエアコンは、AY-U22SZなので、同じクラスで良いだろう。

が、2021年のモデルAY-N22Pは価格comで見ても17万円台とまだまだ高い。
カタログ上、リモコンの除菌機能以外に差が無い2020年モデルは、10万円台とお安い。選ぶならこっちだ。

なんやかや設置料金、ポイント、クーポンを含めて計算すると、ビックカメラのAY-L25Pがお手頃価格なのに気が付いた。
AY-L22Pが143020円。AY-L25Pが138510円と逆に安い。どちらも標準設置料金込みだが、AY-L25Pには、クーポン10000円が付き、128510円になる。

他の格安店は、AY-L22Pの本体価格が95700円だが、標準設置料金まで含めるとビックのAY-L25Pより数千円安いぐらい。

取り外しリサイクル費用は大差ない。
3階のエアコンで、室外機は上の屋根置きなので、標準設置の範囲を超えるが、ビックカメラと格安業者なら、大手のビックの方がまだ良心価格でやってくれるんじゃないかという期待もある。

と言う事で、ビックのAY-L25Pをポチる。

ポイントが5万円ちかく貯まっていたので、取り外しリサイクル料金含めても、85766円になった。

工事日も今度の日曜に決定したので、あとは待つだけだ。

(2021/12/2追記)

実は、工事日当日、ビックでは、屋根に室外機を上げる事が出来ない事が判明し、キャンセルの憂き目に・・・
(念のため、二階のリビングのエアコンはビックの工事業者で対応可能か確認すると、これなら出来るとの回答。Airestデビューはこっちにしよう)

そして、その週の土曜に、元々のエアコンを設置してくれた地元のクラタデンキに行く。
流石に地元の電気屋さんは、Airestは在庫もなく安く出来ない。
もう、どうでも良くなったので、三菱重工の SRK2221Tに決定。安いし。工事してくれるし。三菱重工よく冷えるし。

Screenshot-20211203-at-023341-hc_21t_det

流石は地元の電気屋さんクラタデンキ。小回りが利く。翌日には設置が完了していた。

幸い、シャープと違って室外機が小さいので、屋根の太陽電池への影の影響が少なくなったし、風で飛ばされる懸念も小さくなった。良し良しだ!うん、そういう事にしよう。

| | | コメント (0)

2021年10月18日 (月)

VAIO S11 (VJS1111)のSSDを換装

2015年頃に購入した、妻のVAIO S11(VJS1111)

Zoom6

当時としては、奮発して256GBのNVMeのSSDを選んだのだが、とうとう空きが14GBに。
妻の仕事は映像関係。映像を扱う仕事には非常に心もとない状況だ。

ここ一年ぐらいは、ファイルを整理して空きを作ってなんとかしていたらしい。
が、それも32GBもの大容量の映像ファイルのダウンロードで破綻。

とりあえずは、USB Flashにダウンロードする事で、その場を凌いだが、流石にこれは続けられない。

と言う事で、2TBのSSDを購入し交換する事にした。

購入したSSDは、Transcend TS2TMTE220S0

Screenshot-20211018-at-011009-pcie-ssd-2

イートレンドで27780円で購入。もっと早く相談してくれれば、半導体が高騰する前に買えたのだが、たられば言っても仕方が無い。

さて、このVAIO S11、SAMSUNG MZHPV256HDGLが搭載されていた。

仕様的には、

Read 2150MB/s → 3500MB/s IOP 90K → 340K
Write 1200MB/s → 3200MB/s IOP 70K → 370K

確実に速くなるはずだ。
耐久性は4400 TBWと、大容量の映像ファイル扱うには、十分だろう。

分解は、ネットに先達がいらっしゃったので、そちらを参考。(https://isekikenji.com/vaio-s11-01/)
おかげで、爪を一箇所を破壊しただけで済んだ。

価格.comのレビューには、両面にメモリが実装されているとあったが、購入した物は、ちょっと違った。
基板のバージョンが違うのか、裏面には、制御チップかDRAMが2つ実装されていただけで、Flash Memoryは無かった。

よって、熱の問題もそれ程心配しなくて良いだろう。たぶん。

ディスクのコピーには、たまたまあったIceLakeの評価ボードを使った。
こいつには、SATAポート1つと、NVMe M.2スロット一つしかない。
しかし、Thunderbolt 3 Portが4つあるので、Thunderbolt SSDケースを使い、計2枚のNVMe SSDが使えるようにした。

SATAポートのSSDにWindows 10をインストールし、Thunderboltのドライバーだけインストールし、Thunderbolt Portを生かす。
両NVMe SSDが認識される事を確認。

ディスクのクローンの為に、ライセンスが余っていたAcornis True Image 2016をインストール。
(Turue Image 2010からのアップグレートのライセンスなので、両方のライセンスの入力が必要で、入力が面倒だった。)

そして、ディスクのクローン実行!

ここまでで、1時間もかからない。流石SSD!流石NVMe!

さて、恒例のベンチマーク

Crystaldiskmark_20211018020847

直ぐに二回目を走らせると、Readが1600MB/sまで落ちたので、熱による速度低下かも。

比較の為に、前のSSDでベンチマークを確認しておくんだったが、また筐体を開けると爪を壊すかもなので、やめておこう。

ベンチを取った先達がいるだろうと、「VJS1111 CristalDiskMark」で検索すると、ドンピシャなページが!

Screenshot-20211018-at-021944-11-6vaio-s

CristalDiskInfoのバージョンが違うので、そのまま比較は出来ないが、Readは同程度で、Writeは倍ぐらい速い感じ。よしよし。
熱云々は、特にコメントされてなかったので、その辺の比較は出来ないが、これぐらいにしておこう。

 

| | | コメント (0)

2021年12月 3日 (金)

ReadyNAS 316の外板の振動対策

我が家のNASは、ReadyNAS 316。

これに、10TB HDDを6台装着しているからか、外板がHDDの振動に共鳴してうるさい。
とりあえず、重いものを立てかけたり、磁石を張り付けると鳴りやむのでそれで対策していた。

このままでも良いのだけど、丁度我が家には幅10cmの5mのゴム板があるので、これを活用してみたくなった。

どうするのか、外板の裏にゴム板を接着するのだ。

こんな感じだ。

Dsc_1338

Dsc_1339

Dsc_1340

そして、組み立て電源オン!

見事に唸りがおさまった。
筐体を叩いて響く音が、低く短く響くようになり、上質感が付与された気がする。(個人の感想)

気になるのは、ゴム板による外板からの放熱効率の低下だが、もともとReadyNAS 316は、外板が熱くなる事は無いので、その影響は極小だろう。

次は、背面の排気ファンのNoctua化を狙っているが、ファンの設定を「冷却」にしない限り、煩くないので、実行はしばらく先かな。

| | | コメント (0)

DAIKIN MCK70Uのストリーマランプの点滅が解消しない件

何度も念入りに洗っても、ストリーマランプの点滅が止まらない。

かれこれ、一年以上この状態。

昨日も再び洗ったけど、変わらず・・・さては故障かと思い始めた時、ダイキン公式のお手入れ動画に辿り着く。

Screenshot-20211203-at-203549

初心に返り、視聴していると、こんなシーンが。

Screenshot-20211203-at-223436

あ、電源切って安心してたけど、電源プラグ差しっぱなしだったよ。

早速、電源プラグを抜いて、一分ぐらい放置して、刺し直す。

見事、ストリーマランプの点滅が解消!

なんてこった。でも、良かった、部品交換とか面倒な事にならなくて。

| | | コメント (0)

«ReadyNAS 316の外板の振動対策