« 引越し2008覚書 | トップページ | DVD作成って大変だね!(その4 ふぬああ編) »

2008年3月 4日 (火)

DVD作成って大変だね!(その3 TMPGEnc編)

さて、TMPGEnc DVD Authorを手に入れて、さくさくっとVHStoDVD convertはようやく終了すると思ったのですが・・・

 メニューはばっちり自分の期待しているものが出来ました。
 (まぁ、チャプターリストを作って本編のみ再生って出来ると良かったんですが、とりあえず、それはおいときます)
 取り込んだデータを再エンコード無しで書き込みも出来るようになり画質劣化も減りました。
 (あ、音声は、LPCMからdolby digitalに再エンコしましたが)

 大きな不満が解消すると小さな不満が気になってくるもので、どうにもモスキートノイズとブロックノイズが気になります。

 これは、TMPGEnc Xpressのフィルターでノイズ除去してノイズにビットレート食われないようにすべきと思い、キャプチャーしなおす事にしました。
 まずは、GV-MVP/RX3の最高のビットレート15Mbpsに変更。しかしモスキートノイズはまだ出ます。ガンダムのオープニングの地球がフラッシュする画面ではブロックノイズも・・・
 そこで、VBRではなくCBRに変更して取り込み。差は無いかな?ファイルサイズが増えただけか・・・
 そもそも、15Mbpsでも足りないんじゃ?ノイズの少ないソースならともかく、ノイズが多い場合は・・・
 I frameのみ取り込みならもうちょい良くなるかも知れないけど、このRX3じゃ出来ない・・・上位のGX2なら出来るけど・・・ちょっと後悔。
 後悔ついでに、ちょっと計算。I frame取り込みの場合、25Mbpsか、720x480 30fps interlaceだと、 1 field辺り、25x10^6/60/8≒52KB
  無圧縮で720x240x24bit≒506KB
  JPEGで10分1に圧縮したのと同じと考えると、アニメ絵だとブロックノイズもモスキートもさけられませんな・・・
 I frame取り込みでも無理っぽい。

 エンコード無しで取り込めるカードを買えば良いのだろうけど、さらに投資するのには躊躇。
 まぁ、あとは、TMPGEnc Xpressでノイズ除去で頑張るべと、はじめたら、なんかインターレース解除からはじまり色々とフィルターあるんですなぁ・・・
 インターレース解除は、アニメ補間、アニメ補間2、逆プルダウン等、色々ためしたけど、どうも、初代ガンダムには、weaveで24fps化すると縞模様(コーミングっていうんでしょうか)にならずにすむようです。
 他の場合は、小さい領域(口パク部分)がどうしても縞模様になったり、スクロールでギクシャクしたりで、いまいち。

 ってなわけで、
  インターレース解除(weave 24fps化)
    ノイズ除去(三次元NR 100)
  クロッピング(左右8ドット、下6ドット)
  色調補正(コントラスト、明るさ、色の濃さ)
 でエンコード。

 まぁまぁな結果になったので、全11巻の取り込み&エンコード開始です。

 ある程度エンコードが進んだ所で、ふと気がつく。
 色調補正って、キャプチャー時にやるべきじゃね?と

 やりなおしです・・・・

 ちなみに、3次元NRは、キャプチャー時にもかけてますが、エンコード時にも、ブロックノイズ、モスキートノイズ低減の為にかけています。

 ということで、エンコード開始・・・

 途中、出来上がりを見ると、まだまだ不満。でも取り込み時の限界があるから、現時点で最高と思うしかないっ!
 とはいえ、どうしても無圧縮キャプチャーの夢が捨てきれず・・・エンコード中、つらつらとググる毎日が続いたある日・・・すばらしい先達が!

|

« 引越し2008覚書 | トップページ | DVD作成って大変だね!(その4 ふぬああ編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVD作成って大変だね!(その3 TMPGEnc編):

« 引越し2008覚書 | トップページ | DVD作成って大変だね!(その4 ふぬああ編) »