« 引越し2008覚書 4th update | トップページ | 引越し2008覚書 5th update »

2008年3月26日 (水)

Windowを閉じた直後のマウスやキー操作が受け付けられない

WindowsXPに移行してから早4年、その間、ずーっと悩んでいた事が、ひょんな事からこの間解決しました。
それは、Windowを閉じた直後、0.5秒ぐらいキー操作やマウス操作を受け付けない期間があるという問題です。

これの対策は、
[コントロールパネル]->[地域と言語のオプション]->[言語]->[詳細]->[詳細設定]->[詳細なテキストサービスをオフにする]
のチェックボックスにチェックを入れるだけです。
Detailedtextservice この詳細なテキストサービスを停止させても、日本語入力に不都合は無い感じなので、特に問題は無いでしょう。

この問題、ネットで検索しても悩んでいる人は居ないようなので、私だけの問題なのかもしれませんが、自分が使っているWindowsXPマシンはどれも同じ問題を持っています。

日本語入力を切れば、この問題は出なくなるのは、ふとした事から気が付いていましたが、実使用上それは無理。で、あきらめてました。

最近になって、ビデオキャプチャーにてドロップフレームを減らすべく、不要な常駐ソフト減らしをしていた時、ctfmon.exeの常駐解除しました。
その後、しばらくして、Windowを閉じた直後のもたつきが無い事に気がつき、その時に、ctfmon.exeが原因だったと判ったわけです。

その後、「詳細なテキストサービスをオフにする」で検索したら、同じような事で悩んでた人が結構いました。最初に検索した時に見つけられなかったので、どうも検索ワード指定がまずかっただけなようで・・・ちっ!(^^;

| |

« 引越し2008覚書 4th update | トップページ | 引越し2008覚書 5th update »

Windows Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windowを閉じた直後のマウスやキー操作が受け付けられない:

« 引越し2008覚書 4th update | トップページ | 引越し2008覚書 5th update »