« Windows XPでフォルダの表示が遅くなる問題 | トップページ | 消費電力測定 »

2009年7月 1日 (水)

CPU交換~セルフわらしべ長者~ 後編

なんか去年の10月頃の書きかけの記事があったので、ちょっとだけ追加して公開します。

--------------------------------

ということで、単なるマシンのグレードアップの顛末をだらだらと続けます

4GBに増設なるか   

ということで、自宅に到着。いそいそと作業開始です。
まずは、サクッとできるメモリ交換。1GBx2 → 2GBx2に交換です。
電源オ~ン! 945 chipsetは、そしてGIGABYTE BIOSは、4GBメモリのどのように認識するのかぁ~っ!
・・・POSTの画面表示では、3GB、うぬぬ
BIOS SETUPでも3GB・・・やっぱり・・・

ん~、ちょっとMMIOにメモリ空間割り当て過ぎじゃね?1GBも無駄になるじゃん。

BIOS SETUPにPCI or PCI Express Spaceのサイズ設定の項目は・・・見当たらん(T_T)・・・となると、1GBを捨て1GB+2GB構成にして、余りは会社のデスクトップに増設するか、それともDUAL Channelに拘り1GBを捨てるか・・・

やっぱ、会社PCも3GBにして両方ハッピーが一番。会社PCの方が使う時間長いしね。

1TB HDDも順調   
次はHDD増設・・・って、電源コネクタとSATAケーブルが足りない・・・3台はむりか。つうか250Wの電源だし、そんな余裕はないか。ということで、500GBの片割れを外して、1TBに交換。至極順調です。

CPU交換が・・・    
いよいよCPU交換。Q6600は動くか!?ヒートシンクをしっかり取り付けて・・・
電源オーン!
あれ?
画面が真っ暗なまま・・・どこまで進んでるのやら、Debug Cardがあれば、どこまで進んでいるかPOST Codeで分かるのだが、自宅にはそんなもの無いし。
まずは電源容量を疑って、DVD/HDDを無しに・・・駄目。
さらにメモリ1GBにして・・・×
メモリ1GBはノーブラだから、Trancendのメモリ2GBと交換し・・・おっ!POST画面が出た!Q6600って表示されたPatch ID 0000hだ。でも、ハングアップ・・・

ん~、なんだべか、CPUの電源が足らないのか・・・250Wじゃ、Core 2 DuoのQuad Coreの駆動は荷が重いのか・・・

CPUの電源12Vの電流は8A・・・って、Q6600ではぎりぎりだ。これは電源を買わないと!
そういや、この250W電源、いつも熱かった。たぶん定格ぎりぎりで動作しているのだろう。危ない危ない。

電源購入~   
ってなわけで、翌週末、夜の7時に、電源を購入しに秋葉へ。
効率を考えると、やはり80PLUS認証を取った電源が良い。容量は、あまりハイパワーを狙わずに、一番効率のよい負荷30~50%あたりで動作出来るよう抑えたものを購入したい。
ってなわけで、閉店時間に追われながら、電源を物色・・・やっぱ、ちゃんとしたメーカーかなぁと思ったけど、いまいちよくわからん。なんとな~く、しっかりしてそうな、KEIANのKT-450AJ-80+に決定!
と、この電源とHDD3台とQuad Coreに見合うケースも買いたくなってきたので、奥行き40cm未満のケースを物色。Cooler MasterのElite340に決定!

組み立て~♪    
早速自宅で組み立て開始!
もうね、楽しいですね。親に、じいちゃんも機械いじりが好きだった。似てるね、なんていわれつつ、電源おーん。

あれ?同じ所で止まっている。電源じゃないのかな・・・
BIOSかなぁ、BIOSのVersionはF4か。GIGABYTEのサイトをみるとF8bまで上がってる。早速、アップデート・・・NG・・・

ここで、ふと、画面を見ると、Patch ID 0000hとの文字が・・・あ、0000hじゃMicrocodeあたってないじゃん。そりゃぁ、動かない事もあるさぁ、って、あれ?GIGABYTEのCPU Support Listには、Q6600がサポートしてるって・・・あれれ?N/Aってなってる・・・はっ!Q8200と間違って買ってるし俺

こんなアホ、ど~にもなりませんな。はぁ~

マザボ交換への道      
作業中になぜか段ボール箱の中に転がっていたPentiumD 920(CS)を発見したので、これと交換し、ちょっとだけパフォーマンスアップ&低発熱。

とりあえずは、CPUは別モノだけと交換したので、当分、これで行くとして、22000円のCPUを眠らすわけにはいきませぬ。マザーボードの道を探らねばなりません。しかし、すでに6万円近い出費。今月はこれ以上、買い物は恐ろしくて出来ません。給料日まで待つことにしましょう。

ということで、GIGABYTEのHPでQ6600対応マザーを探してると、945/965 chipsetでは対応マザーが無いみたい。G31かG45あたりで対応してきてるようです。手堅く枯れたGA-31M-S2Lか、冒険してGA-EG45M-DS2Hか、これ以上、細かく見ていくのは面倒になってきたので、後は、お値段と勝負。kakaku.comでチェックです。

G31は6000円台とお手頃で手堅いですな。
G45は14000円台といきなり倍。さすが出たばっか。PEGがx4のみというとんでもない仕様のマザーだけど、ゲームやらんし、オンボードで十分。945よりゃ速いだろうし。

給料でたので      
GIGAのG45を狙いに秋葉へGo!
お買いものは楽しいが、そろそろ、これで打ち止めにしたく。
またしても閉店時間に追われながらの買い物、もう探すのが面倒なので、ドスパラ直行です。
さくっと、二階の階段登って直ぐの所に置いてあり、あとは、システムファンが無かったので、そいつも12cmの1000rpmのやつを購入。そうそう、HDD三台のせるのに、SATAケーブル一本足りなかったので一本購入。

と、そういや、Friioが電源交換してから不安定なので、なんかしら対策しないといけません。秋月電子のUSB Yケーブルがよさそうなので、そいつも購入。

ようやく所望のシステムが      

ということで、いそいそと自宅で、電源とマザボとCPUの交換です。ってほとんと別物のPCですな。

さすがに、ここまで来ると全然問題無く、所望のシステムが組みあがりました。

まぁ、システムファンやらSATAケーブルなど、自宅にストックしてたのを忘れて余分に買ってたりしましたが、将来、役に立つ事でしょう。

あ、Friio用に買ったUSB Yケーブルでも、相変わらず問題が発生してました。どうも電源容量ではないようです。ノイズがあやしい気がします。

|

« Windows XPでフォルダの表示が遅くなる問題 | トップページ | 消費電力測定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CPU交換~セルフわらしべ長者~ 後編:

« Windows XPでフォルダの表示が遅くなる問題 | トップページ | 消費電力測定 »