« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の4件の記事

2010年6月17日 (木)

プリウス復調!!原因はエアフローセンサー

ここ半年いやそろそろ一年になるか、悩まされていた、我が家のプリウスの、バックファイアー、カメ頻発、充電しっぱなし、排気ガスが生ガスのにおいがする、アイドリング不安定、病ですが、ようやく完治に近づきました。

今まで、

  • 補機バッテリー交換
  • プラグ交換
  • オイル交換
  • エンジン洗浄
  • バッテリーSOCの再設定
  • エアフローセンサー洗浄

とやってきて、薄皮を剥ぐように改善してきましたが、最後に、

  • エアフローセンサー交換

を行った所、最終的に、全ての症状が劇的に改善しました。
カメ頻発というような、バッテリーがらみの現象までもです。

エアフローセンサー洗浄まで行った時点で、ディーラーのエンジニアから以下のような説明がありました。
エアフローセンサー洗浄で再発した場合、もしかすると、エアフローセンサー自体が正常に動作していない可能性がある。燃調がおかしくなるので、アイドリング不調や排気ガスのにおいやバックファイアーのような症状が、出る可能性がある。
エンジンの出力もコンピュータの想定より落ちるので、発電量が想定より少なくなり、それが影響して、バッテリー関連の問題も起きているのかもしれない。

その時は、私は、コンピュータは、充放電電流の測定ぐらいしているし、EMVのバッテリー残量もカメが出るほど低くは無かったので、バッテリー周りの問題は、また別の原因だろうと思っていました。

しかし、エアフローセンサー交換で、バッテリー周りの問題まで、改善したということで、上記説明が正しかったようです。
カメが出る条件は、バッテリーにからんだ問題(残量低下、出力低下)だけかと思いましたが、他の要因もあるんですね。
 多分、バッテリーの出力低下というよりは、モーターへの電力供給が想定より少ない場合に、カメ点灯となるのかも。

例えば、こんな流れ
エンジン出力が想定より小さい

発電量が想定より低くなる

発電機+バッテリのモーターへの電力供給が想定より少くなる

カメ判定


要は、カメ判定の箇所が、バッテリーからの出力ではなく、さらに後段のモーターへの入力で判断しているのではなかろうかと。(電力計(かわかりませんが、そのようなセンサーの)搭載数を増やしたくなかった?) まぁ、今回のカメ頻発とエンジンの出力低下が関連していた事からの類推なので、他の現象が出ればまた違ってくるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

はやぶさ帰還おめでとう!!

ライブ配信映像はとぎれとぎれだったけど、大気圏突入の光を、和歌山大のライブ映像で確認した時は、感動しました!
途切れ途切れなのでなんとも言えませんが、二つ、光が見えたので、最初がカプセルで、次が本体かな?
宇宙教育テレビ放送によると、カプセルからのビーコンも確認されたそうだし、どうやらパラシュートも開いたみたいですね、っと書いている間に、川口プロマネからのサンプルリータンの報告が!!!
本当なら500満点だ!!!

よくやった、はやぶさ!そしてJAXAとメーカーの人たち、ありがとう!お疲れ様!

イオンエンジンとその運用の可能性を見せてくれて、何か新しい時代に突入した感じがします。
子供のころは、アポロ月面初着陸の生中継が見れなかったことを恨んだもの(生まれてなかったしね^^;)ですが、いや、はやぶさと同時代に生きれて満足です。

っと、録画で和歌山大の映像を見直したら、光は一つだけでした。

最後に追加されたミッション、地球の撮影も成功したようだし、なんでも出来る子だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

我が家のLED照明導入状況

今年の3月から、少しずつダウンライトをLED化している我が家ですが、
この度、洗濯機置き場の蛍光灯をLED化してみました。

20Wの蛍光灯なのですが、LEDプランとして考えられるのは二つ

  • 蛍光管の交換のみで対応
  • 照明器具ごと交換

今回は、設置場所の幅の制限から、ぴったりとくる照明器具が無かったので、蛍光管のみ交換でいくことにしました。
どうせなら工事不要のタイプが良いな、ということで、上がってくる候補は、

です。
消費電力は、両方とも9W。
明るさは、東神電機が190lx、東洋エレクトロンは320Lux/mって知らない単位だ、あ、ありました別の会社に140lxなようです。
東神電機のやつは、グロー管を外すだけ、東洋エレクトロンは、安定器を外す必要がある。
手間が無いのは、東神電機。低消費電力を突き詰めると、安定器を通さない東洋エレクトロンがなんぼか有利。
LEDチップはどちらも国産。東亜かな?

さて、どちらにするか悩みますが、明るそうな東神電気かな?
まずは実売価格を検索・・・って東神電気しかみつかりません。あっさりと東神電気に決定。ポチリ。先ほど西濃運輸さんが届けてくれました。

ということで、以下、設置後の蛍光灯との明るさの比較です。

Photo Led

左が蛍光灯で、右がLEDです。どちらも同じ露出で撮影してあります。
なんとなく、LEDのほうが明るいような。
ちなみに蛍光管は、HITACHIハイホワイトFL20SS-N/18-Bです。

ちょっと引いて洗濯機置き場全景を撮影してみました。

Photo_2 Led_2

左が蛍光灯で、右がLEDです。どちらも同じ露出で撮影してあります。

やはり、東神電気のLEDの方が明るいですね。安心しました。

明るさはちょっと明るくなって、消費電力は20W→9Wと半減なら、万々歳ですね。

さて、肝心のコスト計算ですが、
LED蛍光灯はイービレッジ電気館にて10200円で購入しました。
20W蛍光灯は一本140円~500円、20~70本買えてしまいますね。
電気代は、LED蛍光灯の寿命40000時間で計算すると、
LEDは、40000(h)×9(W)÷1000×23円=8280円
蛍光灯は、40000(h)×20(W)÷1000×23円=18400円
そして、LED寿命40000時間に対して蛍光灯の寿命は6000時間。
そこからランニングコストを計算すると、
LED 10200円 ×1 =  10200円
蛍光灯 140円~500円 × 40000(h) ÷ 6000(h) = 933~3333円

ということで、40000時間使う前提で考えると、
LED 器具コスト 10200円 + 電気代 8280円 = 18480円
蛍光灯 器具コスト 933~3333円 + 電気代 18400円 = 19333~21733円

数千円ですが、LEDに軍配が上がりました。

さて、問題は、寿命の40000時間が来るのはいつの日かということ。
洗濯するときに使うだけなので、我が家では、一回当たり5分とすると、
40000(h)×60(分) ÷ 5(分) = 480000(回)
48万回洗濯すると寿命が来る計算です。
48万回洗濯するのに、どのぐらいかかるかというと、週に3回洗濯するので、
480000(回) ÷ 3回 × 7日 = 1120000日 =3068年

どうやら、我が家の洗濯機置き場には、オーバースペックなものを設置してしまったようです。(^-^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明日、はやぶさ帰還!

まだ名前がMUSES-Cの頃から、ずーっと見守ってきましたが、いよいよ明日ですね!
記念にブログに残しておきます。

先月、ひたちなか市の日立シビックセンター天球劇場で、HAYABUSA BACK TO THE EARTH ノーカットバージョンも見てきたし、準備はばっちり。

明日は、「はやぶさ迎え酒」を飲みながら、最後まで見守る予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »