« 続・ここ数年、政治経済が気になりだしまして。 | トップページ | 東京都尖閣諸島寄付金とJAXA寄付金 »

2012年7月23日 (月)

放射線による被曝は蓄積するか?

ここしばらく、低レベル放射線による被曝の体への影響について、考えています、

この影響の考え方には二つあります。

  1. 影響は蓄積され続ける。
  2. ある程度以下の放射線レベルでは、影響は蓄積されない。

蓄積され続ける方の考え方としては、高レベルでの影響の度合いを、そのままの割合で、低レベルにもあてはめるというものでした。(LNT仮説というそうdす。)
蓄積されない方の考え方は、遺伝子修復システムの能力を超えるまでは、蓄積されないというものでした。

ここに詳しく説明があります。
http://criepi.denken.or.jp/jp/ldrc/study/topics/20050824.html

これは、皮膚をちょっと引っ掻いただけでは、影響はないけど、がりがりと引っ掻くと、血が滲んでくるのと、同じ理屈でしょうか。

まぁ、蓄積するとしたら、その影響は生殖細胞(卵子や精子)にも残るはず、であれば、何世代か後には、生物は死滅してしまうはず。
実際にはそんな事はおきていないので、低レベルの影響は、どこかで修復されるか無害化されている事が推測できます。

問題は、その低レベルの実際の敷居値。
まだまだ議論はされているようですが、少なくとも、地球上での高放射線レベル地域のなかで、人間が何世代も暮らしている地域のレベルであれば、実際上、問題無いと言えるとでしょう。

これが現在の私の考えです。

| |

« 続・ここ数年、政治経済が気になりだしまして。 | トップページ | 東京都尖閣諸島寄付金とJAXA寄付金 »

サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射線による被曝は蓄積するか?:

« 続・ここ数年、政治経済が気になりだしまして。 | トップページ | 東京都尖閣諸島寄付金とJAXA寄付金 »