« 消費税に軽減税率がある場合の製品価格はどうなる? | トップページ | モーニングバード »

2012年8月 5日 (日)

今、太陽電池を載せるべきかどうか

太陽電池の導入時期について悩んでいます。

補助金とか買い取り価格等、制度の関係で悩んでいるわけではありません。

10年以内に発生する確率が高いといわれている、都心直下の大地震に関係してます。

当初は、この間の東日本大震災で電力不足問題が起きたので、地震の時に独立電源を確保するために導入すべきと考えていました。
しかし、屋根の上に太陽電池を載せると、頭が重くなって耐震性が落ちるのではないかという危険性に気が付きました。

まず、太陽電池を何枚載せられるかSANYOならぬPanasonicのHIT太陽電池のHIT240シリーズをもとに、素人見積もりしてみると、15枚は並べられそうです。
このパネルは一枚15Kgなので、全体で15Kg×15枚=225Kg。結構な重量物を載せることになります。

まぁ、そもそも、予算の面も含め、本当に15枚も載せられるのか、疑問ではありますが、重量配分は一考すべき点だと思われます。

|

« 消費税に軽減税率がある場合の製品価格はどうなる? | トップページ | モーニングバード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今、太陽電池を載せるべきかどうか:

« 消費税に軽減税率がある場合の製品価格はどうなる? | トップページ | モーニングバード »