« 政権交代が最大の景気対策 | トップページ | Made in Japan »

2012年12月19日 (水)

内需振興という言葉

ふと思い出したのだが、30年ぐらい前、まだ小学生だった頃、テレビやラジオで、内需振興とか、内需拡大のような言葉を良く聞きました。
外需の依存度を減らして、海外の悪影響を受けないようにしなければいけない、というフレーズも覚えています。
最近は、そういう言葉はテレビからもラジオからも聞きません。
逆に、アジアの成長を取り込めとか、外に打って出るとか、そういうのばかり。

なんとなくだが、昔の方が、テレビとかラジオも国家の経済というものがわかっていたような気がする。

このころは、戦争を経験し、国内のインフラが破壊されて終戦後のハイパーインフレを経験し、外需依存の経済の弱さを知り、内需主導の経済への転換を国家全体で頑張った時代。
マクロ経済を体で理解していた時代だったのかも。

| |

« 政権交代が最大の景気対策 | トップページ | Made in Japan »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内需振興という言葉:

« 政権交代が最大の景気対策 | トップページ | Made in Japan »