« 豊洲新市場の地下水モニタリングデータをエクセルにしてみました。 | トップページ | モバイルバッテリーとIQOS »

2016年12月10日 (土)

録画保存NASの空き増量計画

我が家では4年前からNASにNETGEARのReadyNAS 316を使っている。
これに4TB HDDを6つ搭載しRAID5で運用し20TBの容量。

この容量に何を保存するのかというと、

  • テレビ番組の録画
  • デジカメ・携帯・スマホで取った写真や動画
  • 年賀状データ
  • 確定申告データ
  • ダウンロードした文書・動画・画像

とまぁ、色々と保存している。

とはいえ、一番容量を食っているのは、テレビ番組の録画。

現在13.7TB。

空きが沢山有るときに、とりあえず保存しておいたら沢山貯まり、今では容量を圧迫して悩ましい状況。

4年前と違って動画配信で十分な品質で視聴が可能な今、より容量の大きいHDDに載せ替える投資は避けたい。
(HDDの価格の低下のペースが遅いので8TBを買おうにも高すぎる。)

貧乏性なのでさくっと断捨離してしまうのも抵抗がある。

と言う事で、H.264やH.265に変換して容量を削減する計画を考えました。

ここで障害となるのは、録画TSを再生する機器がサポートする動画形式です。

我が家のTVはREGZA Z8000。
取説では再生出来る形式はMPEG2まで。
しかし、ネットで検索するとDLNAでストリーミング再生ならば、H.264でも行けると判りました。

早速試して見ると、H.264でもAVCHDならばそのまま再生出来るようです。
PEGASYSのTMPEGEnc Video Mastering Works 6ならば、

出力フォーマットのテンプレートは、「AVCHD向けMPEGファイル出力」。
デフォルトの設定のままだと音声が出ないので、音声設定のチャンネルモードを「5.1chサラウンド」に変更する必要があります。

他はそのままで良いのですが、私は、
映像設定のパフォーマンスを「普通」→「やや遅い」、エンコーダパス設定を「1パス」→「2パス」に
音声設定のビットレートを448kbps→384kbpsに
変更しています。

画質は、動きの激しい所でも特に劣化を感じないので、大丈夫でしょう。

問題はエンコード時間。
Intel Core i5 3470S + NVIDIA GeForce GTX960の組み合わせで、2時間の番組のエンコードに11時間かかります。

とりあえず、この設定で、24時間稼働させています。

いつ終わるかざっと計算すると、
13.7TBの録画データがあり、二時間番組が20GBとして、そのエンコードに平均11時間かかるとすれば、ざっと321日。

嫌になってきたら、パフォーマンスを「普通」に戻すか、兼ねてから考えていたIvyBridge世代からKabylake世代への移行を考えてみようと思います。

|

« 豊洲新市場の地下水モニタリングデータをエクセルにしてみました。 | トップページ | モバイルバッテリーとIQOS »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 録画保存NASの空き増量計画:

« 豊洲新市場の地下水モニタリングデータをエクセルにしてみました。 | トップページ | モバイルバッテリーとIQOS »