« 自宅PCのSSDが突然死、TOSHIBA Q300 (HDTS848AZSTA)に換装。 | トップページ | 録画保存NASの空き増量計画その5 »

2017年1月29日 (日)

録画保存NASの空き増量計画その4

さて、自宅PCのSSDの突然死によりOSをクリーンインストールした結果、iGPUとdGPUが共存する様になりました。

元々、共存出来る構成だったのでしょう。
しかし、複数のCPUとマザーボードを経験したWindows7を、Windows10にアップグレードし、さらにSSDに複製した経緯のどこかで、おかしくなっていたのでしょう。

さて、iGPUが動くようになった事で、動画のエンコードにIntel Media SDK Hardwareが使えるようになりました。

という事で、早速、TMPEGEnc Video Mastering Works 6で利用します。

テンプレートは、「AVCHD向けMPEGファイル出力」から、以下の変更をしたものになります。
(赤字が前回からの違いです。)

  • 音声設定のチャンネルモード「 5.1chサラウンド」 (必須)
  • 音声設定のビットレート 「384kbps」(お好みで)
  • 映像設定のパフォーマンス 「とても遅い」(お好みで)
  • 映像設定のエンコーダパス設定 「1パス」(お好みで)
  • 映像エンコーダ「Intel Media SDK Hardware」

ビットレートは前回同様に、

  • 地上波のTSは5.2~6.6Mbpsぐらい。
  • BSは、デフォルトの9.2Mbpsのまま。

です。
エンコード時間は、2時間のTSで1時間ぐらい。画質も特に問題なし。
なんか、パフォーマンスの設定を「標準」から「とても遅い」に変えても、10分ぐらいしか変わらないので、ここは、「とても遅い」を常用することにします。

動画のデコードはCUDAデコーダーを利用し、エンコードはIntel Media SDK Hardwareを利用しています。これで処理中のCPUの使用率は30%程度。素晴らしい世になりました。

これで24時間稼働する必要がなくなり、電気代も安心です。

|

« 自宅PCのSSDが突然死、TOSHIBA Q300 (HDTS848AZSTA)に換装。 | トップページ | 録画保存NASの空き増量計画その5 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 録画保存NASの空き増量計画その4:

« 自宅PCのSSDが突然死、TOSHIBA Q300 (HDTS848AZSTA)に換装。 | トップページ | 録画保存NASの空き増量計画その5 »