« 録画保存NASの空き増量計画その2 | トップページ | 会社PCをKabylake-S(Core i7 7700K)に更新 »

2017年1月 6日 (金)

録画保存NASの空き増量計画その3

あれから、何本かNVENCでエンコードしたのですが、どうもREGZAでのシークがおかしい。
しかも、PC上での再生がカクカクします。

という事で、NVENCの利用はあきらめました。
テンプレートを元に戻し、1パスでエンコードする事にしました。

という事で、テンプレートは、TMPEGEnc Video Mastering Works 6の「AVCHD向けMPEGファイル出力」から、以下の変更をしたものになります。。

  • 音声設定のチャンネルモード「 5.1chサラウンド」 (必須)
  • 音声設定のビットレート 「384kbps」(お好みで)
  • 映像設定のパフォーマンス 「やや遅い」(お好みで)
  • 映像設定のエンコーダパス設定 「1パス」(お好みで)

ビットレートの指定は、予測ファイルサイズが、元TSのファイルサイズの半分になるように設定しています。
実際の指定は、こんな感じです。

  • 地上波のTSは5.2~6.6Mbpsぐらい。
  • BSは、デフォルトの9.2Mbpsのまま。

見た感じ、劣化を感じません。
エンコード時間は、2時間のTSで4~6時間ぐらい。2パスより倍以上速いので、とりあえずこれで行きます。

|

« 録画保存NASの空き増量計画その2 | トップページ | 会社PCをKabylake-S(Core i7 7700K)に更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 録画保存NASの空き増量計画その3:

« 録画保存NASの空き増量計画その2 | トップページ | 会社PCをKabylake-S(Core i7 7700K)に更新 »