« 自宅PCにファンコントローラを追加 | トップページ | TMPGEncのIntel Media SDK Hardwareがエラー(0xC0488011)で終了する »

2017年2月13日 (月)

ThinkPad X200sにWindows10を導入

Windows7で運用していたThinkPad X200sに、Windwos10を入れてみました。

これ、Windows7より軽いんじゃないかな。
FirefoxでTwitterのTLを表示するだけでCPUファンがうなっていたのが、静かになりました。
再インストールせずに、何年も使っていたWindows7と比べるなという話もありますが・・・

ThinkPadのドライバやアプリを入れられるものは全部入れました。

Hotkey Managerが入ったのは良かった。輝度制御とVolume Up/Down Muteが効くのが素晴らしい。

Power Managerが入らないので、Batteryの充電の閾値の設定が変更出来なくなりましたが、
設定を変える予定はないんどえ、とりあえずは良いでしょう。

指紋認証も入りませんが、WIndows10標準機能でサポートしているので、文句なし。
S4復帰時に指紋認証デバイスを認識しない事が多いのですが、Windows7の頃からなので、どこハードウェア側の問題なのかも。

Windows10の省電力性能は素晴らしいかも。
CPUを出来るだけアイドル状態に持ち込もうという努力が本体の暖まりにくさから感じられます。
あと、起動中などCPU負荷が大きく変動するとき、今まで聞こえてこなかったキキキキというノイズからもうかがい知る事が出来ます。
多分、C3ステートまでガシガシ入っていて、電力変動が大きい時に出るノイズではないかと推測。

|

« 自宅PCにファンコントローラを追加 | トップページ | TMPGEncのIntel Media SDK Hardwareがエラー(0xC0488011)で終了する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad X200sにWindows10を導入:

« 自宅PCにファンコントローラを追加 | トップページ | TMPGEncのIntel Media SDK Hardwareがエラー(0xC0488011)で終了する »