« D431US故障 | トップページ | IO-DATA EX-LD4K431DBに交換後、ウィンドウ左上集合問題解決 »

2018年3月 9日 (金)

IO-DATA EX-LD4K431DB到着

昨日昼にAmazonで注文した4Kモニタ IO-DATA EX-LD4K431DBが会社に到着です。

早っ。

早くて夕方だろうと思ってた。

使用感としては、DOSHISHA D431USとの比較でいうと、

写り込みは同じくハーフグレアで、大して変わないかな。

電源を入れて、画面が付くまでが5秒程度と、D431USの15秒と比べて格段と速い。
通常時は許容してましたけど、試行錯誤するときに、やはり15秒は長かった。

画面の調整は、明るさのの調整程度で、D431USのように、4K60pで表示する遅延回避の為に、画面モードをdefaultから変更するような事もないので、いい感じです。

動画表示も、D431USは、移動シーンで見える格子状の模様のちらつきがありません。
D431USは時分割で色数を出していたですかね、3年の月日は低価格4Kパネルも確実に進化させてます。

PIPもいい感じです。
小画面に評価PCの画面を出せて作業がはかどります。

ただ、切り替えに数秒かかるのが気になりました。

リモコンの入力切替も順送りではなく、ダイレクトボタンで、目的の入力に一発で切り替わります。

電源オンオフしたり、PIPで切り替えると、ウィンドウが画面の左上に集合する症状が再発。

あれ、レジストリでNOEDIDは既に設定してるんだけど、モニタに他の入力があるとそっちに引っ張られる?うーん、後で調べないと。

さて、外観の感想はというと・・・

液晶パネルの大きさは、実物を並べてみると、同じでした。
色もベゼルの太さも同じなので、一瞬、見分けが付きませんでした。
(よく見れば違うんですけどね。)

台座がIO-DATAの方が低いので、見やすいです。

ただ、手前にUSB HUBを置いていたので、USBデバイスやケーブルが画面に被ります。
これは、USB HUBの口が手前に傾斜しているタイプに交換だな。

D431USと違って、台座は手前にバーがあるので、
背面の配線を変更するとき、このバーが、机への負荷は分散されて良い感じです。

しかし、D431USに慣れた身にとっては、台座が低いのと相まって、これが意外と邪魔。

小物が置きにくい。

はい、これは、すぐに慣れます。

さすがに、IOデータ、低価格帯とはいえ、ちゃんと作ってますね。

|

« D431US故障 | トップページ | IO-DATA EX-LD4K431DBに交換後、ウィンドウ左上集合問題解決 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IO-DATA EX-LD4K431DB到着:

« D431US故障 | トップページ | IO-DATA EX-LD4K431DBに交換後、ウィンドウ左上集合問題解決 »