« Wifi6導入計画 その4 バッファロー有線ルーターBHR-4GRV2の難 | トップページ | Wifi6導入計画 その6 価格.comのWifiルーター検索の罠 »

2020年9月10日 (木)

Wifi6導入計画 その5 MSI AX905Cが米アマゾンから到着

MSI-AX905Cが太平洋を越えて到着しました。

MADE IN CHINAなので、少なくとも二度太平洋を越えている模様。

さて、箱には、MSI-AX916Cとの表示が・・・

アメリカのMSIのページを見ると、両方ともある。比較すると同一の製品に見える。

米アマの商品画像をよーくみると、MSI-AX916Cの文字が・・・

まぁ、いっかと、H110M-ITXへ搭載する。
(Low profileのブラケットは、結局、手持ちと互換がなかったので、そのまま搭載)
黄色びっくり。前回と同じ症状。

はい、H110M-ITXとAX200の相性は悪いと結論が出ました。

とりあえず、H110M-ITXには、手持ちのUSB WiFi子機のNETGEAR A6100を接続しておく。
(こいつは、Think Pad X40の11ac対応の為に買ったが、出番がもうないし、いいだろう。)

余ったAX200は、妻のVAIO S11や会社ノートPCのVAIO S15に使えないか後で試そう。
(それぞれ、Skylake/Kabylake世代と古いし、動作しなかったH110M-ITXはKabylake世代なので、不安ではあるが・・・)

 

(2021/3/14) その後を書いてなかったので追記

VAIO S15をAX200に載せ替えた所、無事動作。
と言うことで、Kabylake世代との相性ではなく、H110M-ITXとAX200の相性説が極めて濃厚になりました。

PCIeスロットの信号線か、ACPIのASLコードの記述に問題があるのかも。だとすればお手上げだ。
レジストリでごにょごにょしたら良い感じになる可能性もあるが、よくわからんし、USBWifiでお茶を濁したので、この件は一旦、放置。

 

| |

« Wifi6導入計画 その4 バッファロー有線ルーターBHR-4GRV2の難 | トップページ | Wifi6導入計画 その6 価格.comのWifiルーター検索の罠 »

Wifi6導入計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Wifi6導入計画 その4 バッファロー有線ルーターBHR-4GRV2の難 | トップページ | Wifi6導入計画 その6 価格.comのWifiルーター検索の罠 »