« ダイニングテーブルに置くPCの製作 その2 テレビの台編 | トップページ | ダイニングテーブルに置くPCの製作 その4 木製PCケース組み立て編 »

2021年5月29日 (土)

ダイニングテーブルに置くPCの製作 その3 木製PCケース設計編

基本形は決まった。

加工の容易性を考えると、木材をベースに作るのが良いだろう。幸い、加工道具は本棚を作ったときに買いそろえてある。(のこぎり、トリマー、電動ドリル、彫刻刀)

木材の検討

強度の欲しい背板や脚となる部分には、パイン集成材を使う、厚さ24mm以上のものにしたい。結局、900x600x30の板を購入。
天板や底板は、重量物を置かないのので、厚さ12mmのファルカタ材でもいいかな。もっと薄くて丈夫な木材があればいいのだけど、最寄りのホームセンター(島忠・ホーマック)にはなかった。

給気口の検討

側板にパンチングメタルを使うつもりだったが、丁度良いものが見つからない。オーダーすれば作ってもらえるサイトを見つけたが、そもそも、パンチングメタルをさらに加工して、良い感じに側板にする技術は自分にあるのか疑問だ。

ここは、側板も木にして、そこにファンガードをネジ止めする事を考えた。

色々探した結果、AinexのCFA-90B-BKを見つけた。

Cfa90abk_s
サイズはさておき、これなら、目も細かいし、埃の流入を防いでくれそうだ。

ファンガードは着脱を何度かするだろう。木ネジだと直ぐにネジ穴がバカになってしまう。
ネジを何度も締められるなにか良い感じのものが無いか探した所、鬼目ナットに辿り着いた。

Screenshot_20210529-m6-13mm-119-a-19-417

これは、下穴を空けて金槌で打ち込むタイプ。
それとは別に、ねじ込むタイプもある。

これなら何度も取り外し可能。
マザーボードの取り付けるスペーサーのネジ止めにも使える。
側板、背板、前面パネルの固定にも使えば、組み立て分解も何回も出来る。
素晴らしい!

給気口にファンガートを設置するなら、ファンを設置しても良い気がしてきた。
幸い、幅を800mmとした事で、吸気ファンを設置する余裕もある。

大口径のファンは設置出来ない。しかし、小さいと風量の確保で回転数が高くなりうるさくなる。
小さくても静かで風量のあるファン・・・もうnoctuaのNF-A6x25でしょう。

Screenshot_20210529-nfa6x25-pwm

給気口の基本構成は決まった。

マザーボードの固定方法の検討

底板に、マザーボードをネジ止めしなければいけない。
幸い、鬼目ナットがあるので、普通に六角スペーサーが使える。

Screenshot_20210529-amazon-co-jp-uxcell-

高さは、15mmが良いだろう。裏面にケーブルを這わせる事が出来る。

ラジエターの固定方法の検討

ラジエターの固定ネジは#6-32のインチねじ。長さは
↓のように、底板に通気口を空けて、その横に固定ネジを通す小さい穴をあける。

出来る限り、ラジエター上部の空間を広くしたいので、ラジエター部分の天板と底板を5mm程削る事にする。

Photo_20210529175601

底板はファルカタ材なので、ネジ穴部分に強度不安がある。ネジ穴部分は図より幅広くする。

電源の固定方法の検討

ATX電源は、背面側(ACコネクタがある面)にネジ穴がある。
従って、底板に固定するには、L字金具が必要だ。

高さを抑える為に、天板と底板を5mm程掘って、挟み込むようにしたい。
そう考えると、それで固定されるのでL字金具による固定は不要になる。

ラジエター同様に、底板に通気口をあける。
Photo_20210529182301

そして背板にも通気口を開け、その周囲を5mm程掘り、電源が嵌まるようにする。

Photo_20210529182801

拡張スロットの検討

Wifiでネットに接続したいので、拡張スロットにWifiカードを差したい。

しかし、そのまま縦に差すと、高さが高くなるので、横にして差したいので、横向きに固定する金具が欲しい。
こんな時はAmazonかなと探す。見つけた!

Screenshot_20210529-amazon-co-jp-luoshvg

背板に溝を掘って、これを良い感じにはめ込めば、カードの固定が可能だ。
1スロット分で充分なのだが、そんな都合の良いものは無かった。

マザーボードとの接続は、PCIe Slotの延長ケーブルを使う。

Screenshot_20210529-amazon-toogoo-pcie-p

フロントパネルの検討

前板に、電源スイッチ・リセットスイッチ・アクセスランプ・電源ランプ・ヘッドホン端子・マイク端子・USBコネクタを用意したい。

電源ボタンを探すと見つけた

Screenshot_20210529-amazon-pc-pc-power-l

電源ボタンと電源ランプが一体化した奴だ。

リセットスイッチとアクセスランプは、これにした。

Screenshot_20210529-amazon-babblecom-pc-

これから、アクセスランプと、リセットスイッチだけ使う。

オーディオとUSBはこれにした。

Screenshot_20210529-amazon-bluefire-3-5-

3.5インチスロットで使う奴だが、これから基板を取り出して使う。

前板を掘ってこれらを取り付ける穴を開ける。オーディオとUSBの基板は、底板に取り付ける事になるので、位置決めは正確にしたい所だ。

テレビ取り付け方法の検討

もちろんVESA規格の金具で取り付ける。

背板にネジ止めする形になるので、これを選んだ。
Screenshot_20210529-amazon-suptek-1727-v

M6ネジで固定する感じになっているので、M6用の鬼目ナットも購入。

Screenshot_20210529-amazon-co-jp-m-mm-mm

こんなに要らないけど、足りないより良い。

背板・側板・前板のネジ止め方法の検討

背板には、テレビがぶら下がり、前方に倒れようとする力がかかる。
太いネジを使いたい。丁度M6の鬼目ナットが大量にあるので、M6ネジで背板と側板をネジ止めする。
もちろん相手は木なので、20mmのワッシャーを使い、凹みを抑える。

前板には、強度は要らないので、M3ネジとM3鬼目ナットで側板、天板、底板にネジ止めする。
M3ネジをそのままネジ止めすると、前板が負けて凹むので、ワッシャーが欲しい。
そのままワッシャーを使うと無骨なので、飾りワッシャーを使う事にした。

Screenshot_20210529-392-0

ローゼンワッシャーと言うらしい。
これと皿ネジの組み合わせで、良い感じになる。

さて、次回から、木材の加工と部品の取り付けだ。

| |

« ダイニングテーブルに置くPCの製作 その2 テレビの台編 | トップページ | ダイニングテーブルに置くPCの製作 その4 木製PCケース組み立て編 »

ダイニングテーブルPCの作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイニングテーブルに置くPCの製作 その2 テレビの台編 | トップページ | ダイニングテーブルに置くPCの製作 その4 木製PCケース組み立て編 »