« 25年前に購入した空気入れがお亡くなりに | トップページ | マイクロソフト・ソリテア・コレクションのCM音量最大問題の回避策 »

2021年12月30日 (木)

室外機の騒音が再発、DIY対応

9ヶ月ほど前、メーカーに対応してもらった、三菱重工 SRK28TW-Wの室外機の騒音が、再発。(その時の記事はこちら、三菱重工を富士重工と書いてて苦笑しつつ修正 )

まぁ、配管の位置を調整しただけで、固定もしてないので、いつかは再発はする覚悟はあったから、文句は無い。

そもそもの原因は、室外機自体の振動だ。
この機種の後継機種を別部屋に設置したら、そちらは振動が少ない事からも、個体差か不良により振動が発生している模様。

しかしだ、保証期間も過ぎた今、メーカー修理はお金も時間もかかり、しんどい。

ならばと、メーカーの対応を真似て、配管の位置を調整し、補修テープで固定するも、一週間で再発・・・

試行錯誤中、室外機両側を手で押さえると、騒音がおさまる事を発見。
どうやら、室外機横の樹脂カバーがビビり音を大きくしている模様。

Photo_20211230163801

こいつを補修テープでがっちりと本体に押さえつけると、騒音がおさまった。
Dsc_1363

反対側も手で押さえると、効果があったので、↓な感じに間に物を挟んで圧をかけてみた。

Dsc_1364

補修テープが経年劣化して、再発するまでは、これでいこうと思う。

家に伝わる振動は、この緑色のシロディン(防振パッド)で減ったとはいえ、三階の室外機すぐ裏の部屋や、トイレではまだうるさい。
来年こそは、αゲルのインシュレーターを室外機の足に挟み込みたいと思う。

下は、前回の動画に、このDIY対応を追加した版。(再発時の動画を撮影してなかったので、メーカー対応直後と差がわかりにくいですが・・・)

 

| |

« 25年前に購入した空気入れがお亡くなりに | トップページ | マイクロソフト・ソリテア・コレクションのCM音量最大問題の回避策 »

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25年前に購入した空気入れがお亡くなりに | トップページ | マイクロソフト・ソリテア・コレクションのCM音量最大問題の回避策 »