カテゴリー「ゲーム」の7件の記事

2007年7月10日 (火)

第3次スーパーロボット大戦α~2周目開始

ってなわけで、昨日に引き続き、スパロボのお話。

~二周目first impression~
さて、二周目は、スーパー男のトウマを選択しました。部隊名もαナンバーズをやめて、最後まで大和朝廷を苦しめた蝦夷の英雄、アテルイにちなんだ名前をつけちゃいました。最後は朝廷軍に負けてしまうから、あまり縁起は良くないですが。

やっぱ、男の子は、スーパーロボットですなぁ。飽きてたはずなのに面白くてついついやっちゃいます。

トウマの成長振りを見るのが楽しいですね。戦う目的を見失った暴走から、戦う目的を取り戻すまでの流れ、お約束です!これが無いとね!

その後、ミズキとの仲はどうなるのか、バラン・ドバンとの決着は!?

~フル改造ボーナスってあったんだ~

さて、二周目は資金もPPも豊富。フル改造、フルSPアップで、さらにスーパー男なので、サクサクと進みますね。何か制限設けるべきだったかも。まぁ、富豪的プレイもお気楽でよろしんじゃないかと。(あ、必死に幸福と努力を使っているので、富豪的とはいえないか)

今更ながら気が付いたのは、フル改造ボーナスの存在。全然気が付かずに、一周目やってました。セレーナに移動+1出来たのにぃ!!!(T_T)
ちょっとやった感じでは、使えるボーナスは、「移動+1」か「射程+1」かな。

~養成方針~

今回も、習得すべき技能は、基本的に、気力(撃破)、気力限界突破、そして、SPアップ。
でも、それじゃつまんないというか、たまには頭を使えよってことで、今回はカミーユに「サイズ差補正無視」つけてみました。
他は、えーと、何人か「連携攻撃」だか「支援攻撃」つけた気がするけど、誰だっけ?
「ラーニング」は、祝福を持つ人に覚えさせてます。早くレベル上げて、PP稼いで、SPアップさせて、祝福の回数を増やして、資金稼ぎしないとね。
あとは「応援」持ちにも優先してSPアップ習得させて、努力不足を回避。

これで、SP貧乏&改造不足から直ぐに抜け出せてるはずじゃないかな。

私の場合は、30話あたりから、殆どの全体攻撃を「幸福」「努力」付きで行えるようになって、ホクホクです。

そうそう、「感応」持ちも、SPアップ優先です。これでスーパー系は「感応」しまくりで、「必中」SP節約です。

主人公のトウマは、気力(撃破)、限界突破、SPアップ+9で、後はひたすらPPを格闘武器につぎ込むのみ、現在38話で250、300行くのは何話でしょうか?

後半は、特殊防御を持つ敵が増えてきます。そろそろ直撃持ちが増えてきたので、そちらのSPも増やしてあげないと。

~思いつくままに・・・~

しかしまぁ、マジンカイザー、便利な事ったらありません。フル改造・移動8・GSライド・必中・鉄壁・加速で、敵陣に突っ込ませれば、ファイアーブラスター撃ちまくりで、雑魚全滅。

真ゲッターも便利。「覚醒」「期待」であっというまに、敵ボス撃墜で、敵のマップ兵器やHP回復(大)の出る幕無し。ターン数節約にも。

ここまで楽してしまうと、やはり、3周目はExtra Hardを苦労してやる気が・・・ハングリー精神よ戻ってこーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

第3次スーパーロボット大戦α~一周目クリア

ってなわけで、去年の今頃から始めたスーパーロボット大戦。
スパロボ先輩の誘惑に負け、F・F完結編、第1次α、α外伝、第2次α、第3次αと、ずーっと通してやってきました。
さすがに飽きた!とはいえ、既に二週目の38話目にまでやってたりして、まだまだやれそうです。

~一周目感想~
第3次の一周目は、リアル女性のセレーナ。スパロボ仲間に聞くと最弱。確かに最初はスーパー並に命中率低い。ちょっとげんなりしつつも、相棒のロボットの「ラジャ!」が気に入って、メールによく使ってました。
セレーナは、戦闘時オッパイがよく揺れるのですが、もう二次元には反応しない歳になってしまい、ちょっとうざったいとかまで思うように。10代の頃は「おぉー!」なんて喜んでたのになぁ。
最終話の敵は、水木一郎の声ですよ!でも前情報がなかったらわからなかったろうなぁ。

で、クリア後にスパロボ仲間から、最終話にはターン数による違いがあると聞き、早速、攻略サイトで確認したところ、どうやら難しい方の最終話をクリアしていたようです。
たしかに、大人のイルイも出てきてたし、オプション画面のシナリオチャートで見ると、確かに、「今遥か遠い彼方」をクリアしている事になってます。総ターン数398で、熟練ポイント59だから、条件も一致。

ん~、俺って結構凄いのかも?ふふ~ん( ̄ー ̄)なんて思ったんですが・・・
その後、ネットで検索したら、それ程大変な事ではないらしく、がっかり。

~一周目考察~
さて、特にターン数にこだわらずにプレイしてたのですが、なんでこんなに早く解けたのでしょうか。
たぶん、資金と経験値稼ぎで、戦闘開始で、殆どの小隊で「加速」使って、敵陣に飛び込んで、「熱血」「必中」「幸運」「努力」の「全体攻撃」で一撃で倒していくからかもしれません。

そういえば、「祝福」や「応援」を持つキャラが増えて、「幸運」や「努力」も非常に使い勝手が良くなりました。
さらに「期待」や「補給」まであるので、強化パーツの「プロペラントタンク」「カートリッジ」そしてSP回復系パーツは、殆ど使いません。ラスト数話でやっと使いだすぐらいです。

いつもながら疑問なのは、なんで精神力で修復が出来て、さらには弾薬の補給まで出来るんだ?って事。結構サイコドライバーがゴロゴロしてるのね、なんて思っちゃいました。便利だから良いけどね。

どうしても残念だったのは、銀河中心まで行って来るってのに、宇宙の広大さを感じられないって事。まぁ、ゲートでさくっと行って来れるからねぇ・・・
実際には、宇宙の広大さを感じさせる作品は少ないので、難しい事なんでしょうね。
そう考えると、「トップをねらえ!」は凄い。あのスケール感、空間感覚は、SFの醍醐味がちゃんと入っていました。

~ロマン派?~
さて、聞く所によると、スーパーロボット大戦には、ロマン派と、効率派があるそうで、
自分のプレイスタイルは、基本敵にはロマン派。よく知らないアニメの思い入れの無いロボット達は効率重視。
プリウスにちなんで、ハイブリッド派とでも言いましょうか。
ホント、最近のガンダムは知らないので、テキトーにガンダムでひとくくりです。ルート選択で、SEEDの方を選択しなかったので、SEED勢がいきなり増えた時は、背景がわからず、テキトーに空いている所に放り込んでしまいました。この事をSEED好きに話したら怒られました(^^;

~次回作への妄想~
銀河中心まで行ってきちゃいましたけど、次はどうすんでしょうか。トップをねらえ!のCDの年表に出てきた、グレートアトラクター編でも始まるのかな?(^^;
銀河の外にでるような冒険ものの外伝なんかもいいですね。
例えば・・・
おとめ座銀河団からの謎の衝撃波を観測。どうやら、おとめ座銀河団の中にヴォイドが形成されつつあるようだ。天の川銀河に影響を及ぼすのは何千万年も未来だが、原因の調査のため、銀河団中心へ調査隊がαナンバーズから組まれた。
銀河ジェットを乗り越え、他の銀河を経て、おとめ座銀河団の重力中心へ、ようやく辿り着いた中心に待っていたものは!?
なんて、冒険ものも良いかも。

勝手な妄想を書きましたが、αシリーズは終わって、仕切りなおしで別シリーズ開始が妥当な線でしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

第3次スーパーロボット大戦α、雑感

今頃な話題ではありますが、第三次スパロボα現在プレイ中です。

このゲーム、オープニングが素晴らしいですね。このクオリティでゲーム中の会話シーンや戦闘シーンも動いてくれると嬉しいのですが、それでも、前作よりは進歩しているので、よしとしましょう。

さて、ゲーム自体は、まだ一周目。それもリアル女性のセレーヌ。弱くて苦労するかと思いきや、意外と簡単です。熟練ポイントの条件も簡単ですし、ターン数制限も緩い。もしかして第三次αは、αシリーズで一番簡単なんじゃないでしょうか?まぁ、最後までやってないので、わかりませんが。

しかし、このセレーヌ、最初の頃は攻撃の命中率、回避率が低くて苦労します。いの一番に運動性MAXにしてもいまいち。序盤は強化パーツ+集中で、なんとか凌ぐしかありませんでした。

今回も色々と細かいところが変更されていますね。
例えば、「SP回復」。第2次αでは、全員が習得できたので、各SPコマンドの消費ポイントが実質-10される感覚でプレイできました。
しかし、今回は、限られたキャラクタしかSP回復を持っていません。改悪か?なんて思いましたが、そうでもなく、代わりに(?)「気力アップ(撃破)」が追加されたので、よしとしましょう。

さて、自分なりのプレイの傾向をつらつらと書きます。

・「SPアップ」

これは殆どのキャラに習得させてます。
特に、祝福・応援を持っているキャラは他の技能より優先させて取得です。
これで、お金と経験値不足の緩和が容易に。

・「気力アップ(撃破)」と「気力限界突破」

これで、大抵のシナリオでは、キャラによっては大体2ターン目で、気力が110を超え、5ターン目で150を超えます。
また、あるキャラで武器を使用するのにあとちょっと気力が足りない。でもSPは使いたくない、なんて思ったら、他のキャラで敵小隊を撃破で、気力アップです。

・SPは使い切るぐらいでちょうど良い

祝福や応援(幸福、努力も)を持ってるキャラのSPを残したままステージクリアは勿体無いお化けが出ます。
余らすぐらいなら雑魚キャラでもいいので、ふんだんに使っています。特に、「ALL」の武器で小隊撃破する時は、祝福+応援です。
さらに、お金や経験値のためなら雑魚にも「熱血」を辞さない覚悟でやっています。

まぁ、敵の増援で、予定が狂って、きつい時もありますが・・・

・常に加速

全員、加速コマンドで一気に敵陣へ。敵が寄って来るのを待つなんて、まどろっこしい。
たま~に、集中攻撃受けて失敗する時もありますが。

・改造は特定の機体に集中

全機にまんべんなくは、非効率。特定の機体の特定の項目に集中させて、特色を持たせた方が、攻略しやすい気がします。

・応援or祝福は計画的に

応援や祝福を持つ小隊をどうしても先に使いたい場合、予め、応援や祝福を他の小隊にかけてから使います。
これ忘れがちで、気がつけば、祝福使える小隊が残っていないなんてよくあります。

とりあえず、今のところ思いつくのはこれぐらい。

そうそう、小隊編成は毎回悩みますね~。特にストーリーが分岐してまた合流した時なんか憂鬱。二日ぐらい小隊編成で悩んで先に進めないときも。

いや~、でも、今回は、FIRE BOMBERが出てくるから、歌いまくりです。10年近く前に買ったマクロス7のCDを引っ張り出してドライブ用CDになってるし、カラオケでも久々に歌うし(^^;

現在49話。あと10話ぐらいで終わりでしょうか、どんな話の展開になるのか、楽しみですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

第2次スーパーロボット大戦α

さて、現在、第二次スパロボα、3周目に突入です。

ゲッターチームの武蔵が死ぬシーンで、ホロリとくるのも三度目です。(^^;
いきなり、最弱のアイビスが一周目、こいつは、ひねくれもんで、最初はイライラしっぱなし。ある意味、碇シンジに近いものがありますな。でも、終盤は立ち直ってくれて良かった。勝気なねーちゃんは、嫌いじゃないけど、小学生の頃、金蹴りを食らった記憶がよみがえって、ちょっと苦手。

次が最強のゼンガー、いや~、武人ですな。漢ですな。イルイとのからみは、ちょっと自分と姪(イルイほど可愛くはないが・・・)とを思い出して、ホロリと。(^^;
ほんと、最強で、どんどん使ったせいか、珍しく、エースパイロットが、波嵐万丈になりませんでした。

現在、アラド。こいつは、気持ちのいいやつですな。早く落ちこぼれから脱出して欲しい所です。(たぶん、そうなるんだよね。)
パートナートやっと一緒になった所まで進んでおります。えがったえがった(^^)

アラドが終わったら、リアル系女性。(名前は忘れました)この娘はどんな物語を語ってくれるのでしょうか。(他と大体一緒だけどね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

第2次スーパーロボット大戦α

現在、やっとPS2版としてでた、第二次αをやってますが、やっとこさ3D機能が使用されたゲームになりました。いいですね~、アナログコントローラーにも対応していて、マップの拡大縮小回転が、なめらか~です。(^^)
珍しく、女性キャラのアイビスで始めたのがいけなかった、どうやら選択できる4人のうちで最弱なそうで・・・どうりで最初の頃、簡単に死ぬんで、不思議に思ってました。今までは主人公はそれなりに強かったし。

今回から、小隊システムが採用され、熟練ポイントの取得方法もちゃんと表示されて、一周目から熟練ポイント狙いがしやすくなってます。

最初のうちは、なれない小隊システムに苦労しましたね~。
最初、適当に選んだら、飛べない機体と飛べる機体を一緒にしてしまい、ずーっと陸を這い蹲って戦闘。歩みは遅いわ、戦闘能力は落ちるわで、速攻反省リセット。
でも、一度、ポリシーを決めて小隊を組んでしまえば、後は微調整のみで楽ですね。

ま、ということで、しばらくスパロボから離れられない日々が続きそうです。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

第1次スーパーロボット大戦α

ということで、第一次αを開始したのですが、Fをやった後なので、非常にゲームが簡単に感じあっという間に終わりました。
戦闘シーンのカットも出来るので、サクサクでしたね。
なんか物足りないので、全てのシナリオを見るために、3回程やって、一ヶ月半ぐらいで終了。
マクロスも出てきて、「愛おぼえていますか」をBGMにボドルザーと戦った時は、BGMのせつなさと懐かしさがあって、ちょっと感動でした。
これをやっている時は、機体の強化は、特定の機体に集中せずに満遍なく公平に強化してました。おかげで、やりにくくなっていることに気がつきもせずに・・・

ということで、次はα外伝、これは途中で、熟練ポイントってのが採用されてたのに気がつき、2周目では、攻略情報を元に熟練ポイント全取りに挑戦し、成功。まぁ、ネットにやり方が書いてあるんで楽勝でした。
また、2周目に、前回のデータを使えば、最初からお金が結構ある状態で始まるんですね。おかげで、Zガンダムを最強に強化して、非常にらくらくとクリアできました。
この時、ようやく、機体の強化は、特定の機体に集中すべきという事に気がつきました。
あと、ライディーンのコープランダーは、修理と補給の両方が出来ることに気がついたのもこの時です。(なんにせよ、気づくの遅すぎ)

ここまではPS1用のゲームなんですが、やっている最中に、PS3が発売。なんだか時代を逆行している感じ良いですね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーロボット大戦F、F完結編

36にもなってゲームの話ですが(^^; ネタもないし、まぁ、いっかな。

現在、スーパーロボット大戦というものにはまっております。

去年の夏ごろに、知人より、スーパーロボット大戦F・F完結編を無理矢理貸与され、6年ほどほこりをかぶっていたプレイステーションを引っ張り出し、ゲームを始めました。

いや~、プレステ、メンテもせず、6年も放置していたのに、ちゃ~んと動くのにはびっくり!ソニータイマーはどこいったんでしょ?!
まぁ、最初のうちは、コントローラーやメモリのコネクタの接触が悪くなってたけど、そんなもんはすぐに対処出来るし、no problemです!

さて、本題。
こういうシミュレーションゲームは余り好きではなく、20年前に、KOEIの三国志をちょろっとやったぐらい。しかも面倒くさくなって途中で投げ出す始末。
せいぜい、A列車で行こうぐらいでしょうか。最後までやったのは。

さて、そんな私でも、やはり、マジンガーZやらL-GAIMやらなつかしのロボットが出てくると、面倒くささを忘れ、次第にはまってくるんですね。

なつかしのアニメの主題歌もBGMで流れるんで、思わず口ずさみながらプレイしちゃいます。(^^;

ただ、戦闘シーンのデモが長いので、次第に鬱陶しくなってくるのが玉に傷。スキップすることが出来ないので、デモの間に家事を済まして、出来るだけ生活が破綻しないようにする知恵が付きました。まぁ、それでも、寝不足やニュースにうとくなったんですが。

このゲーム、非常にクリアするのに非常に時間がかかります。大体一ヵ月半はかかりました。シナリオに分岐があるので、本当なら3回はやらないといけないんですが・・・さすがにね。

ということで、第一次スーパーロボット大戦αにつづきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)